三船祭 | 京都嵐山 5月の行事(祭事)
京都嵐山 三船祭
 写真は平成28年の三船祭の風景です。写真とはイメージが異なる場合がありますので、予めご了承下さい。

「三船祭」は車折神社例祭の延長神事として昭和御大典を記念して昭和3年より始められた祭りで、毎年5月の第3日曜日に嵐山の大堰川において、御祭神である清原頼業公が活躍された
平安時代の船遊びを再現します
御座船・龍頭船・鷁首船を始めとする船の上で様々な伝統芸能が披露され、
選考により選ばれた女性が、「枕草子」で有名な「清少納言」に扮し、新緑の嵐山に華を添えます。
清少納言は車折神社の御祭神と同族(清原氏)であり、境内の「清少納言社」に「才色兼備」にご利益のある神様として祀られています。

 【三船祭の概要】 本年は5月15日(日)に斎行 (雨天中止)


 主催:  「京都嵐山 三船祭保存会」車折神社内)
   会長: 津田 純一
 後援   京都府  京都市  京都市観光協会  嵐山保勝会
    嵯峨嵐山おもてなしビジョン推進協議会



 当日の次第

 午後12時30分頃〜 中之島公園より『参進行列』
 
  (神社からの行列はございません)

  午後1時頃〜 嵐山の大堰川(渡月橋上流)にて『神事・船遊び』
   → 午後3時頃終了




 船遊び・奉納行事の一覧:

 ■ 御座船:「清少納言」に扮した女性(三船祭保存会が選考)による扇流しの奉納

 ■ 龍頭船:「いちひめ雅楽会」による雅楽・舞楽の奉納

 ■ 鷁首船:「日本今様謌舞楽会」による今様の奉納

 ■ 御伴船:御座船の随侍船(複数出船)
 御伴船の内の一船は「山本本家」による神酒の奉納あり

 *遊覧船・ボートでの観覧をご希望の方は嵐山通船にお問合せ下さい。


 ■ 献茶・拝服席(野点席):「千葉宗立」宗匠のご奉仕
  午前11時〜午後3時30分(お茶券発売:600円は午後3時まで)


* 平成28年の「清少納言」役は、
フルート奏者:津田 佐代子さんがご奉仕されまた。


 
 

 YAHOO!ニュース掲載記事(京都新聞より)
 


 毎日新聞掲載記事
 



*平成27年「清少納言役」:千葉 吉美さん(舞台女優・宝塚歌劇団ご出身)





     




 ■ 案内地図 (電車・バス等の交通機関でお越しになることをお奨めします)




   
   
 
 
   
   
   
   
   
   
   
   





* 戻る(画面を閉じる) *




ツイートする  


当神社HPのトップページ以外からお越しの方へ
《当神社の詳細・交通案内等は》

 

三船祭は京都嵐山の 5月の行事(祭事)です。