火焚祭は京都嵐山【車折神社】の11月(秋)の行事です。
火焚祭
火焚祭(ひたきさい)は「かまど」の守護神である奥津彦神・奥津姫の二神を迎え、古式に則り、ご参拝者が奉納された火焚串(護摩木)をかまどの形に組み上げて四方の焚き口から火を着ける「かまど祓」の神事を執り行う祭典で、五穀の豊穣を感謝するとともに、火焚串(護摩木)を奉納された皆様の厄災消除と様々な願い事の成就を祈念致します。
また、祭典終了後に参拝者・見学者に
新米のお粥が無料で振舞われます。


祭典はご自由に無料でご見学頂けます。

なお、お粥は数に限りがございます。ご了承下さいませ。
火焚串(護摩木)のお申し込みについて

本殿前のお申込み処にて受付致しております。
火焚串にお名前、年齢、願い事をお書き下さい。
神事当日に神主が火焚串をお焚上げすることで、
皆様の願いが天上の神に届き、成就へと向います。

 〔お焚上料〕 1本につき 100円より御随意
 〔受付期間〕
8月18日〜11月23日まで

 
(当日は祭典開始直前まで承っております)

火焚祭の神事の流れを写真で紹介致します。

写真をクリックすると、拡大写真と解説を表示致します。

【午後1時の祭典開始〜祝詞奏上までの次第】
(1) (2) (3) (4)

【かまど祓い〜火焚串に点火するまでの次第】
(5) (6) (7) (8)

【火焚串のお焚き上げ〜祭典終了までの次第】
(9) (10) (11) (12)




「東海ウォーカー」に掲載されました。

 



ツイートする  




* 戻る(画面を閉じる) *






当神社HPのトップページ以外からお越しの方へ
《当神社の詳細・交通案内等は》
金運・良縁・厄除け・学業・芸能の京都【車折神社】

11月(秋)は京都嵐山【車折神社】の行事「火焚祭」に是非お越し下さいませ。